「右90度回転」の利用方法

  1. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
  2. タブに表示された画像の中から回転させる画像を選択します。(複数選択する場合は、[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックします)
  3. コマンドバー「右90度回転」ボタンをクリックします。

選択した画像が時計方向に90度回転して、「C:¥CaptIt¥右90度回転」に元の画像名と同じ名前で保存されます。

回転方向を変更するには
  1. 「右90度回転」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「90度回転」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「90度反時計方向回転」を選択して「保存」ボタンをクリックします。
  4. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。
保存場所を変更するには
  1. 「右90度回転」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「JPEG保存」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「サムネイル印刷」の利用方法

  1. プリンターに用紙をセットします。(最適用紙サイズはA4縦です)
  2. Capture It! PROの「ファイル」メニューから「プリンタの設定」を選択して、用紙サイズ(A4)と印刷の向き(縦)を確認します。
  3. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
  4. タブに表示された画像の中からプリントしたい画像を選択します。
    選択の方法
    • すべての画像を選択…[Ctrl]+[A]キーを押す
    • 複数の画像を選択…[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックする
    • 連続した画像を選択…最初の画像をクリックし、[Shift]キーを押しながら最後の画像をクリックする
  5. コマンドバー「サムネイル印刷」ボタンをクリックします。
プリントする画像数を変更するには
  1. 「サムネイル印刷」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「レイアウト」横の「詳細設定」ボタンをクリックします。
  3. 「印刷レイアウト−詳細設定」ダイアログの「行」と「列」の数字を変更します。
  4. 「OK」ボタンをクリックして「印刷レイアウト−詳細設定」ダイアログを閉じ、「保存」ボタンをクリックします。

「デコメ絵文字素材」の利用方法

  1. デコメ絵文字にしたいものをパソコン上に表示します。
  2. コマンドバー「デコメ絵文字素材」ボタンをクリックします。
  3. カーソルがはさみの形に変わったら、絵文字に必要な部分をドラッグしながら四角で囲みます。
  4. メーラーが起動するので、受信する携帯電話のアドレスを入力して送信ボタンをクリックします。
  5. --ここからはSH903iを例に説明します。--
    受信したメールに添付されている画像を選択して、サブメニューから「添付ファイル」を選択します。
  6. 「保存」を選択して、「デコメピクチャ」を選択します。
  7. メール作成時に「デコレーション」を選択し、挿入したい位置で「画像」を選択、登録した画像を「デコメピクチャ」から選択します。

出来上がった画像は「C:¥CaptIt¥デコメ絵文字素材」に保存されます。

すでにある画像をデコメ絵文字サイズに調整するには
  1. デコメ絵文字にしたい画像ファイルを「デコメ絵文字素材」ボタンにドラッグして、手順4を実行します。
保存場所を変更するには
  1. 「デコメ絵文字素材」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「GIF添付メール送信」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「マイ絵文字素材」の利用方法

  1. マイ絵文字にしたいものをパソコン上に表示します。
  2. コマンドバー「マイ絵文字素材」ボタンをクリックします。
  3. カーソルがはさみの形に変わったら、絵文字に必要な部分をドラッグしながら四角で囲みます。
  4. メーラーが起動するので、受信する携帯電話のアドレスを入力して送信ボタンをクリックします。
  5. --ここからは910Tを例に説明します--
    受信したメールに添付されている画像を選択して、メニューから「マイ絵文字登録」を選択します。
  6. メール作成時に本文のメニューから「アレンジ設定」を選択し、挿入したい位置で登録した画像を「マイ絵文字」から選択します。

出来上がった画像は「C:¥CaptIt¥マイ絵文字素材」に保存されます。

すでにある画像をマイ絵文字サイズに調整するには
  1. マイ絵文字にしたい画像ファイルを「マイ絵文字素材」ボタンにドラッグして、手順4を実行します。
保存場所を変更するには
  1. 「マイ絵文字素材」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「GIF添付メール送信」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「ブログ用画像」の利用方法

  1. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
  2. タブに表示された画像の中からブログに載せる画像を選択します。(複数選択する場合は、[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックします)
  3. コマンドバー「ブログ用画像」ボタンをクリックします。

調整した画像は、「C:¥CaptIt¥ブログ用画像」に元の画像名と同じ名前で保存されます。ブログに投稿する際に、該当するファイル名の画像を選択してください。

元の画像が、制限サイズの800×800pxよりも小さい場合、拡大されます。制限サイズを変更するには、下記の縦横サイズの変更を参照してください。

制限サイズを変更するには
保存場所を変更するには
  1. 「ブログ用画像」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「ブログ用画像(500K)」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「パワーポイント素材」の利用方法

  1. パワーポイントとCapture It! PROを起動します。(起動後、最小化ボタンボタンをクリックしてCapture It! PROを最小化しておくことをおすすめします)
  2. ホームページやソフトなど、パワーポイントに貼り付けたいものをパソコン上に表示します。
  3. [Ctrl]+[Shift]+[F10]キーを押してカーソルがはさみに変わったら必要な部分をドラッグしながら四角で囲みます。
  4. パワーポイントの画面を表示して、[Ctrl]+[V]キーを押します。
切り取り方法を変更するには
  1. 「パワーポイント素材」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「矩形」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「機能設定」の中から切り取り方法選択するか、「スナップショット」を選択して、スナップショットの機能設定から切り取り方法を選択します。
  4. 「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「マウスポインタ取り込み」の利用方法

  1. Capture It! PROを起動します。(起動後、最小化ボタンボタンをクリックしてCapture It! PROを最小化しておくことをおすすめします)
  2. プルダウンメニューやマウスカーソルを取り込みたい状態にして、[Ctrl]+[Shift]+[S]キーを押します。

取り込んだ画像は「Capture It! データ」タブで確認できます。ファイルとして保存するには、画像を選択し、「ファイル」メニューから「保存」を選択します。

画面全体を取り込むには
  1. 「マウスポインタ取り込み」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「機能設定」の「フルスクリーン」を選択します。
  3. 「保存」ボタンをクリックします。

「美白」の利用方法

  1. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
  2. タブに表示された画像の中から美白加工したい画像を選択します。(複数選択する場合は、[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックします)
  3. コマンドバー「美白」ボタンをクリックします。

調整した画像は、「C:¥CaptIt¥美白」に元の画像名と同じ名前で保存されます。

保存場所を変更するには
  1. 「美白」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「保存JPEG」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「アイコン用」の利用方法

  1. 切り取りたいものをパソコン上に表示します。
  2. コマンドバー「アイコン用」ボタンをクリックします。
  3. カーソルが□に変わったら切り取りたい対象に合わせてクリックします。

出来上がった画像は「C:¥CaptIt¥アイコン用」に保存されます。

サイズを変更するには
  1. 「アイコン用」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「キャプチャリング32×32」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「指定サイズ矩形」の数値を変更して、「保存」ボタンをクリックします。
  4. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。
保存場所を変更するには
  1. 「アイコン用」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「保存GIF」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。

「バナー素材」の利用方法

  1. バナーにしたいものをパソコン上に表示します。
  2. コマンドバー「バナー素材」ボタンをクリックします。
  3. カーソルがはさみの形に変わったら、バナーに必要な部分をドラッグしながら四角で囲みます。

出来上がった画像は「C:¥CaptIt¥バナー素材」に保存されます。

すでにある画像をバナー素材にするには
  1. バナーにしたい画像ファイルを「バナー素材」ボタンにドラッグします。
サイズを変更するには
  1. 「バナー素材」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「サイズ変更(500×72)」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「サイズで指定」の数値を変更して「保存」ボタンをクリックします。
  4. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。
保存場所を変更するには
  1. 「バナー素材」ボタン上で右クリックし、メニューから「コマンド編集」を選択します。
  2. 「コマンドセット(詳細)」から「保存JPEG」を選択し、「コマンドの編集」ボタンをクリックします。
  3. 「保存先:」の「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。
  4. 「カスタムコマンド編集−出力」ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。
  5. 「コマンドセット編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。