Q & A/画面コピーが自由自在 キャプチャーイット!プロ製品サポート

Capture It! PRO Ver.2.6までのQ&Aはこちらをご覧ください。
ツールバーについてはぷちトラブルシューティングをご覧ください。


Capture It! PROはどのようなソフトですか
Capture It! PROは、Windowsのデスクトップに表示される画像をイメージデータとして活用するためのツールです。パソコンのディスプレイに表示されている情報を好きな時に好きな形で取り込み、取り込んだ画像はイメージデータとして一覧、印刷、保存できる他、いろいろなWindowsアプリケーションでご利用いただけます。
→Capture It! PRO 体験版ダウンロード
ページトップへ
どのような用途で利用できますか
Capture It! PROは、ハードコピー、マニュアル作成、プレゼンテーション資料作成、コンテンツ制作、イメージデータ管理に加えて、インターネットの画面保存、印刷等のホームユースとしてさまざまな用途で活用できます。
ページトップへ
購入方法を教えてください
製品の購入]ページにてダウンロード版、パッケージ版の販売を行っています。
また、全国のパソコンソフト取扱店、家電量販店でもお求めになれます。
ダウンロード版については、当サイトの他にダウンロードショップでも取り扱っています。→ダウンロードショップ一覧
まとめてご購入いただく場合はライセンスパックがお得です。→ライセンスパックについて
ページトップへ
マウスポインタを取り込みたい
マウスポインタを取り込むにはスナップショットを使用します。
スナップショットを実行する前に次の設定を行います。
バージョン4の場合
  • 「設定」メニューから「システム」を選択します。
  • 「スナップショット」タブを選択します。
  • スナップショット設定ダイアログの中の「ポインタの取り込み」の設定を「ポインタ」もしくは「取り込み時に選択」にします。
バージョン3の場合
  • 「設定」メニューから「標準コマンド」もしくは「カスタムコマンド」を選択し、コマンドボタン一覧から「スナップショット」を選びます。
  • 「詳細」または「変更」ボタンをクリックします。
  • スナップショット設定ダイアログの中の「ポインタ取り込み」の設定を「スナップショット時のポインタ」もしくは「スナップショット時に一覧から選択」にします。
ポインタを取り込むには、ホットキーが便利です。スナップショットにあらかじめキーを設定し(初期値Ctrl+F2)、スナップショットを実行したい場面で設定したキーを押すと、画面イメージを取り込むことができます。特にマウスポインタを含めたイメージを取り込むには、ホットキーが有効です。
ページトップへ
メニューを開いた状態の画面を取り込みたい

メニューを開いた状態の画面を取り込むには、スナップショットとホットキーを使用します。

取り込みたい場面(メニューを開いた状態)で、スナップショットのホットキー(初期値Ctrl+F2)を押すだけで取り込むことができます。
取り込む範囲(フルスクリーン/アクティブウィンドウ/指定領域)については、「スナップショットの設定」で指定します。

ページトップへ
スクロールキャプチャーの使い方を教えて
スクロールキャプチャー機能は縦スクロールバーが付いたウィンドウを自動的にスクロールさせて、縦長の1枚の画像として取り込む機能です。
バージョン4の場合
  • 「設定」メニューから「システム」を選択します。
  • 「キャプチャリング」タブを選択します。
  • キャプチャリング設定ダイアログの中の「ウィンドウ」の「縦オートスクロールをする」をチェックします。
  • キャプチャリングを実行して、「ウィンドウ」モードでキャプチャリングします。
バージョン3の場合
  • 「設定」メニューから「標準コマンド」もしくは「カスタムコマンド」を選択し、コマンドボタン一覧から「キャプチャリング」を選びます。
  • 「詳細」または「変更」ボタンをクリックします。
  • キャプチャリング設定ダイアログの中の「ウィンドウモード、縦オートスクロールする」をチェックします。
  • キャプチャリングを実行して、「ウィンドウ」モードでキャプチャリングします。
カーソルイメージキャプチャリング時、「ウィンドウ」モードカーソルに、逆三角マークが表示されれば、そのウィンドウはスクロールキャプチャー可能を意味します。
ページトップへ
スクロールキャプチャーのトラブルシューティング
  • スクロールキャプチャーは縦スクロールのみサポートしています。横自動スクロールはサポートしていません。
  • スクロールが途中で終了してしまう場合、まずスクロールの終了が設定ピクセル数に達すると、終了する設定がありますのでそちらを確認してみてください。デフォルトで縦のピクセル数が5000ピクセルに達すると終了するように設定されています。
  • 予定ピクセル数以内で終了してしまう場合はもう一度キャプチャリングするとうまく行く場合もあります。
  • ウィンドウの縦幅があまり狭いとスクロールがうまく行われないケースがあります。スクロールさせたいウィンドウはある程度の広さを表示しておいてください。
  • スクロールキャプチャーの終了時に『Capture It!への取り込みに失敗しました。』と表示され、取り込まれない場合、ビデオメモリの空き不足が考えられます。スクロール終了のピクセル数を少なくするか、画面の解像度、色深度などを低くしてみて下さい。
  • スクロールが途中で終了する場合、対象となるウィンドウの表示域のサイズを変えるとうまくいく場合があります。
  • オートスクロールの対象となるウィンドウの種類とマウスのドライバー等の組み合わせによってスクロールキャプチャー中にカーソルがウィンドウ外に出るとスクロールが停止することがあります。スクロールキャプチャー中はなるべくカーソルを対象ウィンドウ内に置いておいてください。
  • ご使用のマシンのスペックによっては長いページをキャプチャーしたときに、後半に再描画との同期が取れず画像がつぶれてしまう場合があります。
    多くの場合は、分割の設定値を下げたり、表示しているウィンドウのサイズを小さくすることで対処できます。
  • スクロールキャプチャーはIMEウィンドウなど最前面で表示されるウィンドウがスクロール面にかぶらない状態で行ってください。
  • 入力域やリストボックスがあるウィンドウでオートスクロールが途中で終了してしまう場合は、マウスポインタの位置をずらしてキャプチャーを開始すると対処できる場合があります。
  • 空白や変化の無い部分が連続している画面ではオートスクロールがうまくいかない場合があります。
  • 上記以外でもアプリケーションが固有のカスタムコントロール等でスクロールウィンドウを作成している場合等、スクロールキャプチャーが動作しないケースもありますので、ご了承ください。
ページトップへ
スクリーンセーバーの画面を取り込みたい

スクリーンセーバーの画面を取り込むには、スナップショットとタイマ機能を使用します。
スクリーンセーバー画面取り込みには二通りあります。

  • スクリーンセーバー実行時間を1分に設定し、Capture It! PROのスナップショットタイマを1分以上に設定して、スナップショットを実行して、1分間なにもしないで待機します。
    →1分後にスクリーンセーバーが作動し、タイマ設定時間後、画面を取り込みます。
  • 画面のプロパティからスクリーンセーバータグを選択し、Capture It! PROのタイマを数秒後(たとえば10秒)に設定した後、スナップショットを実行し、画面プロパティダイアログのプレビューボタンをクリックします。
    →タイマ設定時間後、画面を取り込みます。
ページトップへ
インストールが正常にできないのですが?

ダウンロードしたファイルが自己診断エラーなどで開けない場合は、正しくダウンロードできていない可能性がありますので、もう一度ダウンロードをやり直してみてください。その場合、ダウンロード先を変えて行ってみてください。

また、インストール時間が長くなったり、インストールが正常に行えない場合は、「Windows Installer」がインストールされていないか、バージョンが古い可能性がありますので、最新の「Windows Installer」をダウンロードしてインストールしてください。「Windows Installer」がインストールされましたら、再度Capture It! PROをインストールしてください。

  • ご利用のパソコンがWindows XPの場合
    「Windows Installer 2.0」が含まれているので必要ありません。
  • ご利用のパソコンがWindows 2000の場合
    「Windows Installer 1.2」または「Windows Installer 1.1」が含まれています。
    正常にインストールできない場合は、「Windows Installer 2.0」にアップデートしてください。ダウンロード
  • ご利用のパソコンがWindows Meの場合 (バージョン3のみ バージョン4はWindows Meに対応していません)
    「Windows Installer 1.2」または「Windows Installer 1.1」が含まれています。
    正常にインストールできない場合は、「Windows Installer 2.0」にアップデートしてください。ダウンロード
  • ご利用のパソコンがWindows 98/98SEの場合 (バージョン3のみ バージョン4はWindows 98/98SEに対応していません)
    「Windows Installer」が含まれていませんので、ご利用のパソコンに「Windows Installer 2.0」をインストールする必要があります。
    ダウンロード
ページトップへ
プラグインがプロダクト認証エラーで起動できない

インターネットアクセス時のウイルスチェックやファイアーウォール等、Webサイトとの通信データを監視したりするその他のユーティリティソフト使用時に、送信の際に接続エラーになる場合があります。

Norton Internet Security (Norton Personal Firewall) 使用時の接続エラーについて

ページトップへ
「制限付きユーザー」で使用できません

Windows2000、wiindowsXP上で、バージョン3.0.0.5以前のCapture It! PROにおいて「管理者」権限でインストールし、「制限付きユーザー」で実行しようとすると起動はしますが、キャプチャリングなどのほとんど一切の処理ができないという不具合が発生します。
お客様には大変お手数をおかけしますが、「制限付きユーザー」で使用する場合は、こちらより最新のアップデート版を入手し、インストールを行ってください。

インストール時の注意事項
通常のアップデートおよび再インストールでは症状は改善されません。
現在ご利用のCapture It! PROとは別の場所にインストールするか、Capture It! PROをアンインストールし、残った「CaptIt」フォルダをフォルダごと削除してから再インストール後、引き続きアップデート版をインストールするようにしてください。(通常は[C:\Program Files]にインストールされています。)

なお、以下に該当するお客様は、上記問題は発生いたしません。

  • 「管理者」権限でのみログインされているお客様
  • 最初に、バージョン3.1.0以降でインストールされているお客様
ページトップへ
キャプチャリングが正常に行えない(Thinkpadシリーズを含むLenovo社製ノートパソコンの一部機種)

Thinkpadシリーズを含むLenovo社製ノートパソコンの一部の機種で、キャプチャリングが正常に行えない現象が発生しており、現在、原因の調査および対応についての検討を進めています。
購入予定の方は、ご購入の前に体験版で動作確認されることをおすすめします。→体験版ダウンロード
なお、該当機種において、スナップショットおよびその他の機能は正常に動作することが確認できています。

現象

キャプチャリング開始時にカーソルがはさみの形に変化して以降、キーおよびマウスボタンの入力を受け付けず、一見フリーズしたようになる。(キャプチャリング以外の機能は正常に動作)

発生機種

Thinkpadシリーズを含むLenovo社製ノートパソコンのセキュリティーチップ搭載機種。

ユーザからの報告および弊社にて
現象を確認した機種
Thinkpad T42、Thinkpad X60s、Lenovo 3000 C100

発生頻度

セキュリティーチップON ほぼ確実に発生 稀に正常にキャプチャリングが行える場合がある。
正常動作する場合にはWindowsの終了まで正常に動作し続ける。
セキュリティーチップOFF 稀に発生

原因

該当機種のハードウェアもしくはドライバなどによって、Capture It!PROのキャプチャリングエンジンのコア部分の使用が制限を受けるため。(セキュリティーチップの仕様との合性が問題と思われる)

解決策

根本的な解決策については現在調査中です。対処方法が確定次第、当ホームページにてお知らせいたします。
なお、キャプチャリング開始後、カーソルがはさみの形に変わった時点でCtrl + Alt + Deleteキーでタスクマネージャーを起動し、Escキーで閉じるとキャプチャリングが継続できる場合があります。(カーソルの形はWindows標準になります)

本現象に対応したバージョン3.1.5.3をリリースしました。
バージョン3をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

ページトップへ
Version3シリーズからVersion4へアップグレードする場合、今までキャプチャリングしたデータはどうなりますか?

Version3シリーズとVersion4.0ではCapture It!データの形式やグループデータの管理方法が違うため、キャプチャリングデータを自動的に引き継ぐことができません。
画像データの移し変えはVersion3シリーズのデータをBMPやPNGなどの劣化しないフォーマットでひとつのフォルダに一括保存し、Version4.0でそのフォルダごと読み込む方法が良いと思います。

ページトップへ
2004年12月28日アップデート内容(バージョン3.0.0.2)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。

  • ポップアップウィンドウの不具合を修正しました。
  • グループの作成、削除に関する不具合を修正しました。
  • スクロールキャプチャで途中の文字がつぶれてしまう不具合を修正しました。
  • 制限つきのユーザーが起動した場合、「システムレジストリの更新に失敗しました」というエラーが発生する問題に対応しました。
  • 編集ウィンドウに、Ctrl+Aキーで全画面選択する機能を追加しました。
ページトップへ
2005年2月2日アップデート内容(バージョン3.0.0.3)

以下の不具合に関する修正を行いました。詳細はこちらをご覧ください。

  • [ウィンドウ]メニューの不具合を修正しました。
  • 画像のプロパティに関する不具合を修正しました。
  • 編集ウィンドウの回転に関する不具合を修正しました。
  • アンドゥに関する不具合を修正しました。
  • 編集ウィンドウの矩形選択に関する不具合を修正しました。
  • 拡大・縮小に関する修正をしました。
  • カスタムコマンドへのドロップ処理に対応しました。
  • ヘルプに項目を追加しました。
ページトップへ
2005年3月31日アップデート内容(バージョン3.0.0.5)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。

  • 「Capture It! データ」フォルダへの画像読み込み速度が向上しました。
  • 「コマンドボタン編集ダイアログ」の「ビューワーコマンドボタン」をスクロールバーで表示できるように変更しました。
  • 「ファイル」メニューの「印刷」から排出が選択されたときに行われる処理を、最後にキューに画像を保存したレイアウト設定で出力されるように変更しました。
  • 読み込んだデータをコマンドパレットにドロップした場合、そのコマンドを実行するように変更しました。
  • システム設定に「終了時の位置サイズを保存」する機能を追加しました。
  • システム設定に「スナップショットタイマ使用時に終了キーを表示」する機能を追加しました。
  • カスタムコマンドからのキャプチャリング時にスペースキーでモードが切り替わるように変更しました。
  • カスタムコマンドに関する不具合を修正しました。
  • メインウィンドウに関する不具合を修正しました。
  • オブジェクトリンクに関する不具合を修正しました。
  • ファイルに関する不具合を修正しました。
  • 編集ウィンドウに関する不具合を修正しました。
  • スナップショットに関する不具合を修正しました。
  • キャプチャリングバーモード、ジャストワンボタンモードに関する不具合を修正しました。
  • メール送信に関する不具合を修正しました。
ページトップへ
2005年9月7日アップデート内容(バージョン3.1)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。
バージョン3.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • 「設定」メニュー、「設定/ヘルプ」ツールバーの「カスタムコマンドボタン」と「カスタムコマンド作成」をなくし、「カスタムコマンド」に変更しました。「カスタムコマンド」をクリックすると「コマンド編集」ダイアログが表示されます。編集操作を変更しました。
  • 「コマンド作成」ダイアログに「オートスタンプ」、「トリミング」機能を追加しました。
  • 上記の他、カスタムコマンドに関する機能を変更、追加しました。
  • 「ホットキー変更」ダイアログを追加しました。
  • 「ヘルプ」メニューに「CaptureIt!PROホームページ」を追加しました。
  • 「システム設定」−「全般」ダイアログのデザインを変更しました。
  • ポップアップ画像の右クリックメニューに、保存、印刷、画像加工などの処理を追加しました。
  • 上書き保存をした場合に、確認のメッセージボックスが2回出る不具合を修正しました。
  • キャプチャリングのホットキー(Ctrl+F1)を2回続けて押すとアプリケーションエラーになる不具合を修正しました。
  • グループパレットに関する不具合を修正しました。
  • 画像編集に関する不具合を修正しました。
ページトップへ
2005年11月8日アップデート内容(バージョン3.1.5.0)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。
バージョン3.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • 出力設定に、フォルダの階層構造を保持できるチェックボックスを追加しました。
  • 標準コマンドのウィンドウキャプチャリングで、スクロール時に自動で先頭に戻る機能を[システム設定]の[標準コマンドーキャプチャリング設定]ダイアログに追加しました。
  • 透明領域を持つ画像をトリミングするときに、元画像の透明領域が白い背景になっていた不具合を修正しました。
  • キャプチャリングバーモードで起動し、「グループ登録される出力コマンド」が組み込んであるコマンドを実行するとアプリケーションエラーになる不具合を修正しました。
ページトップへ
2006年2月15日アップデート内容(バージョン3.1.5.1)

以下の不具合に関する修正を行いました。
バージョン3.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • カスタムコマンド(携帯画像コマンドを含む)からの複数画像のグループ登録を高速化しました。
  • カスタムコマンドから大量にグループへ登録した際に、途中からサムネイルがうまく登録されない不具合を修正しました。
  • カスタムコマンドのドロップ元フォルダの構造再現の不具合を修正しました。
  • Outlook(Expressでは無い)でメール添付が出来ない不具合を修正しました。
ページトップへ
2006年10月31日アップデート内容(バージョン3.1.5.3)

Thinkpadシリーズを含むLenovo社製ノートパソコンの一部の機種で、キャプチャリングが正常に行えない現象に対応しました。
バージョン3.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード
現象に関する詳細はこちらをご覧ください。

ページトップへ
2007年5月15日アップデート内容(バージョン4.0.0.1)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。
バージョン4.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • カスタムコマンド・コマンドセットツールバーに右クリックメニューを追加しました。
  • カスタムコマンド・コマンドセットツールバーに外部からのドラッグ&ドロップでコマンドを追加できる機能を追加しました。
  • 他のアプリケーションの操作中に強制終了してしまうことがある不具合を修正しました。
  • テキスト入力で全角入力した文字がすべて反映されない不具合を修正しました。
  • ビュー表示時にダブルクリックをしてもポップアップ表示されない不具合を修正しました。
  • [Ctrl]キーでカスタムコマンドを編集しようとすると、「コマンドセット編集」ダイアログが表示される不具合を修正しました。
  • カスタムコマンドで、保存先を実行時に設定すると空名のタブができる不具合を修正しました。
  • カスタムコマンドで、表示中のフォルダにピクチャが追加されても更新されない現象を改善しました。
  • リスト表示の時、ダブルクリックでポップアップを行うと必ずスクロールがトップに戻ってしまう現象を改善しました。
  • カスタムコマンドでメール送信時、操作ができなくなってしまう現象を改善しました。
ページトップへ
2007年8月30日アップデート内容(バージョン4.1.0.0)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。
バージョン4.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • コピー(クリップボードへのコピー)の仕様を変更しました。
  • ショートカットキーでの複数タブの切り替えを実装しました。
  • 文書作成ソフトで、複数枚貼り付けが正常に動作しなかった不具合を修正しました。
  • シリアルキー、アクティベーションキーを入力しない状態で30日間、試用期間を設けました。
ページトップへ
2009年9月10日アップデート内容(バージョン4.2.0.2)

以下の不具合に関する修正および機能の追加を行いました。詳細はこちらをご覧ください。
バージョン4.0以降をご利用の方は無償でアップデートできます。→アップデートファイル ダウンロード

  • マルチモニタに対応しました。
  • ズームキャプチャ機能を追加しました。
  • カーソル取り込みボタン、セルフタイマーボタンを追加しました。
  • スケジュールスナップショット機能を追加しました。
ページトップへ